ドイツ就職ガイド

  • 2022年8月26日
    対面での面接を好むドイツの面接シーンでしたが、COVID19の拡大以降、各企業もオンライン面接を積極的に受け入れる土壌が広まりつつあります。特に、日本にいながらドイツの面接を受けるにはオンライン面接が必要ですが、どのような点に特に気を付けるべきでしょうか?

  • 2022年8月26日
    日本とは大きく異なるドイツの就職面接。自身のスキルとポテンシャルを最大限面接担当官に納得してもらうためには、どのような戦略が必要なのでしょうか?面接準備からよくある質問、身だしなみなどドイツの就職面接に関するイロハを徹底解説します

  • 2022年8月2日
    ドイツ就職を志す多くの日本人にとって最大のハードルとなる、ドイツ企業の「試用期間」。仕事ぶりやパフォーマンスを厳しく観察されるこの期間の過ごし方は、長期労働契約を勝ち取れるか否かに大きく影響を及ぼします。我々日本人が陥りやすい落とし穴と対処法について、詳しく解説します。

  • 2022年8月28日
    ドイツという国における就職システムのカラクリを理解し、最短経路で内定を取るためのヒントはあるのでしょうか?時系列方式で、ドイツでの就職を志す日本人の皆様に失敗しないスケジュール紹介いたします。

  • 2022年9月01日
    海外就職を志す学生や若手の人材が将来ドイツ就職を目指すにあたり、「海外駐在」と「現地採用」のどちらがおススメか、それぞれの特徴と長所・短所を踏まえたうえでニュートラルな視点から解説をおこなっていきたいと思います。

  • 2022年9月01日
    国境を越えた就職活動が盛んにおこなわれるようになってなお、ドイツという日本から大きく離れた国への就職は日本人にとって「難しい」と言わざるを得ないでしょう。なぜ100社応募しても面接にすら呼ばれないという現象が起こりうるのでしょうか?内定を勝ち取る最短経路を紹介します

  • 2022年9月13日
    ドイツで就職失敗する人は少なくありません。そうした場合、本人の能力や資質に問題があるというよりも、根本的に就活方法が間違っているということが多くあり得ます。日独の就活文化の差を理解し、間違った就活スタイルを正すにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか?

  • 2022年9月05日
    私生活においても、キャリアにおいても、その後の人生を左右すると言っても過言ではないほど重要な年代である「20代」。日本では新卒で会社にはいり、公私ともに成熟していく年齢ですが、果たしてドイツにおいて20代という年齢や、その年齢でのキャリアパスはどのような目で見られているのでしょうか?

  • 2022年9月16日
    ドイツで最も人気のある職種の一つ、営業職(Vertrieb)。ドイツで就職を志す日本人にとっても競争倍率の激しい職種となっていますが、実際のところ販売職やインサイドセールスなどとの違いが分からないという声も多く聞かれます。日本人というメリットを活かし、ドイツで営業職の内定を勝ち取るにはどうしたらよいでしょうか?

  • 2022年9月05日
    新卒大量採用で知られる日本では、似たような年齢で大学を卒業し年齢に即したキャリアアップを経ることが常です。そんな日本の就職文化と対をなす、個々人がバラバラのキャリアパスを描くことで知られるドイツにおいて、人々は果たしてどこまで年齢を気にするのでしょうか?

  • 2022年9月21日
    日本人がドイツの就職活動に苦戦するのには、本人の資質やスキルといった問題よりも、ドイツ人人事と日本人応募者の採用に対する考え方や求めるものが根本的に異なっており、異なる文化間でのミスマッチをおこしているといった原因が多く挙げられます。果たしてどのような点が致命的なのでしょうか?

  • 2022年9月02日
    国境の概念が薄れ、ボーダーレスの就職・転職が活発化しているこんにちでは、ドイツにおける日系企業、ならびに日系企業現地採用のプレゼンスも高まりを見せています。ドイツに拠点を構える優良日系企業に就職すると、どのような仕事内容が待っているのでしょうか?

  • 2022年9月06日
    ドイツには数多く「ドイツ語不問」の求人があふれていることをご存じでしょうか?ドイツ語不要で、英語力があれば日本人でも応募しやすいドイツの求人について目を通していきましょう。

  • 2022年9月22日
    外国人労働者にもチャンスが多い?労働者天国でクビになりにくい?など華々しいイメージとは裏腹に、日本人のドイツ転職はいばらの道と言われています。ドイツ転職を志す日本人がしてしまいがちな誤解にはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 2022年8月26日
    日本人が、ドイツの働き方と聞いたとき、果たしてどんな指標が思いつくでしょうか?勤勉、効率的、有給が多い、など、ドイツの仕事文化を聞きかじったことがある人であればこういったイメージが湧くでしょう。ドイツの労働文化を数字とともに知って、ドイツ就職の道しるべとしましょう。